2006年10月29日

ショッピング

娘の中間試験も終わり・・・
クラブ発表会も終わり・・・

久々にとってものんびりした週末。
町田109まで(かなりジモティですが)娘と買い物に行きました。
大人っぽい服ばかり欲しがり、まだ似合わないので。
そこそこのものを買って来ました。
「ローズファンファン」で・・・

バックやパーカーなどなど。
今年は豹柄とどくろが流行りとか。
本当は渋谷まで行きたかったみたいだけど。

なぜかデニーズでお茶して帰ってきました。

いつも食べちゃう定番の↓

061028_1412~01.JPG

キャラメルパンケーキ!!

美味しかったです!!とっても。

やっぱり食欲の秋かな?

posted by ms at 19:50| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

ハロウィーンの思い出

今から10年以上前のことです。
我が家は、夫の仕事の関係でアメリカに住んでいました。

アメリカの10月といえばハロウィーン。
ハロウィーンは、お菓子をいただけるし
知らないおうちをノックできるというスリリングな体験もできる
それはそれは楽しいお祭りです。
楽しいんだけど、どんな衣装にするかこれが問題なんです。

どんなにかわいい衣装があっても
シカゴの10月は寒い。
コートなしでは考えられず
どんなコスチュームでもコートで台無し。(笑)

そこでハハは考えました。
コートの上でも着れるものはないかと考えた末
赤頭巾ちゃんのマントを手作りしました。
幼稚園のハロウィーンパーティにも
もちろんそれを着せていったし、
日本に帰ってからも、英会話教室のハロウィーンパーティでも
赤頭巾ちゃんのマントを着せたハハ。
たった1着しか作っていないけど、何度も着せて
すっかり元をとった気になったハハでありました。
posted by ゆめちゃん at 22:17| ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永遠。/村上由佳

HTbookCoverImage.gif

ここのところやたら読んでいる恋愛小説。
これは
「永遠。」村上由佳著

村上さんの本は「天使の卵」に続いて読みました。
ほかにも以前読んではいますが。

本のカバーより
生きることに無器用なひとなのね、それが私にはいとしかったーー葉月(はづき)さんは亡くなる前、娘の弥生(やよい)と幼なじみの僕に話してくれた。かつて別れた恋人のことを。弥生はその男の向かいの部屋に住み、彼の講義を聴きに短大に通った。「お父さん」と、一度も告げられずに。卒業式の日、僕は弥生の帰りを待つーー。

なぜこの本を読もうと思ったのかは。
リンクさせていただいているpatoさまのところで読んでから。

この小説は映画「卒業」(内山理名主演)のサイド・ストーリー。
小説と映画の出会いによって、かつてないコラボレーションが実現。
スクリーンでは語られなかった人々の胸のうちを、こまやかに綴る「もうひとつの物語」です。

私はその映画は見ていません。
でもこの物語だけで十分成り立っています。

この物語の中にはいくつか鍵となる文章が出てきます。
例えば、

・言葉にすると想いはこぼれおちてしまう。

・あんたもこの先、誰かを好きになるかもしれない。そういう時この恋がほんものかどうか見分ける方法がひとつあるよ。(この先は読んでみてください)

・想いは永遠なの。たとえ、相手が私との間に芽生えた感情を忘れていたとしても、心をやりとりした記憶だけは、永遠に残っていると。

などなど。

私もいつもよく考えます。
「永遠」って有りえるのかって・・・
あると信じていたいって。

あとがきでも永遠について書いてあります。
永遠を信じて一生を生きることは出来ると。

とにかく読んだあとに、なんだかふわっと広がる感情。
確かに永遠はないかもしれないけど、そういう想いは永遠なんだなと・・・

そして・・・
映画「卒業」を見てみたくなりました。DVDかりようかしら?
posted by ms at 20:07| ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

天使の卵〜エンジェルス・エッグ/村山 由佳

読書の秋ですね〜
やっと持ち歩いて通勤電車の中とかで読み終わりました。

天使の卵〜エンジェルス・エッグ/村山 由佳

19759742.jpg 集英社文庫

本の紹介によりますと・・・
そのひとの横顔はあまりにも清洌で、凛としたたたずまいに満ちていた。19歳の予備校生の“僕”は、8歳年上の精神科医にひと目惚れ。高校時代のガールフレンド夏姫に後ろめたい気持はあったが、“僕”の心はもう誰にも止められない―。第6回「小説すばる」新人賞受賞作品。みずみずしい感性で描かれた純愛小説として選考委員も絶賛した大型新人のデビュー作。

ちょっと設定的に、私には無理があるというか。共感は出来なかった。
唐突な結末にも・・・

でも、主人公の恋をするせつなさが伝わってきて。こちらまで切なくなった。
きっともっと若い頃に読んだら、ひきつけられるものがあったのかも?
人を深く愛するって切ないもんなんだなあ・・・
誰にもとめられない恋愛・・・って。

この小説は10月21日から映画が封切られる。
なんだかんだ言いながら観に行ってしまいそう。

続編の「天使の梯子」も読んでしまいそう・・・
そんな魅力がやはりあるのかな?この小説。
posted by ms at 02:15| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

春の準備

日中は半そででも十分な暖かい日が続いておりますが
朝夕はめっきり涼しくなりました。
娘が、風邪をひいてグズグズしていると思ったら
どうやら私に移ったみたい・・・がく〜(落胆した顔)

涼しくなって、プランターが寂しくなってきたので
春のお花を植えてみました。
〓〓×[.JPG

ほとんどがパンジーですが、
この他にチューリップやムスカリの球根も植えてみました。
玄関まわりもすっきりして気持ちがいい♪

これからどんどん寒くなりますが
玄関でお花の成長を見るのが楽しみになりそうです。
posted by ゆめちゃん at 08:40| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

毎年恒例の・・・かぼちゃさん。

061010_2057~01.JPG

これは毎年恒例。
近くの青山フラワーマーケットで買ったり、もらったり。
二つのかぼちゃを買ってついているシールを貼る。

今年は一つにハートを貼りました。
こちらが一応女の子設定。

ハロウィーンまでの間。我が家のリビングの出窓のところに置かれています。

今年も変わらずに・・・
posted by ms at 01:14| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

スイートリトルライズ/江國 香織

読書の秋とか言いながらなかなか進まない・・・
ずっと読みたかったけど、文庫本になっていたので。
思わず買って読んだ。

M03175482-01.jpg 幻冬舎文庫

江國 香織の小説は好き。
この『スイートリトルライズ』は本の後ろの紹介文によると・・・

〜この日常に不満はない、と瑠璃子は思う。淋しさは人間の抱える根元的なもので、自分一人で対処するべきで、誰かに―たとえ夫でも、救ってもらえる類のものではない。瑠璃子と二歳下の夫、総。一緒に眠って、一緒に起きる。どこかにでかけてもまた一緒に帰る家。そこには、甘く小さな嘘がある。夫(妻)だけを愛せたらいいのに―。〜

主人公瑠璃子はテディベア作家。そして夫は極めて植物的な男性。
夫婦関係はない。
しかし、瑠璃子にも夫の聡にもお互いに愛人(こういう言い方が正しいかは不明)がいる。
でも、それでバランスを取っているかのような微妙な夫婦関係。

読んだ後、なんか言いようもない不思議な感覚が残って。
それは何かは説明できないけど・・・

夫婦って一体。
どこまでお互いの気持ちや考えや想いを理解しているかは不明。
まあわからなくてもいいけど・・・(投げやり)

ただ一緒に住んでいるだけだったり?
などなどと秋の夜長に読んでみるのもいいかも?
posted by ms at 01:09| ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

食欲の秋

msさんは、読書の秋で迫りたいみたいですが
私はどうしても食欲の秋に走ってしまいます。

今日の夕食はさんまにくりごはん。
日本人に生まれてよかった〜〜♪なんて思ってしまいました。(笑)

先日買った本を参考に作ったものがこちら。
〓〓[〓.JPG 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓.JPG
スコーンとカラメルバナナマフィン

どちらもとても簡単でおいしかったですよ。
posted by ゆめちゃん at 22:38| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

10月に入りました。

061003_1526~01.JPG

もう10月に入り、すっかり秋ですね。
きんもくせいの香りがするので、この季節にお散歩するのは好きです。

職場近くでぼーっと景色を見ていたら。
やっぱり秋になっていました。

落ち葉が落ちていて、葉っぱも黄色になって・・・
ホントあっという間って感じです。

今年は食欲の秋というよりも読書の秋って感じでいってみたいと思いますひらめき
posted by ms at 22:29| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。